PAGE LIST
賃貸物件のポイントは広さにある

セキュリティ重視の賃貸マンション

賃貸マンションには防犯対策が必要となります。管理人が24時間365日居ればいいのですが、そんな事ができないので、侵入者、不審者が入居しにくい設備、侵入したとしても後からその足跡を調べられることができる設備が必要なのです。セキュリティ強化された賃貸マンションは、入居者の安心につながり、人気のマンションとなるのです。

アパートのセキュリティとしては、部屋のオートロック、モニター付ドアフォンが必要です。部屋に訪問してくる人を確認できることは安心につながります。マンションなどではエントランスにドアフォンが必要です。訪問する部屋の人を呼び出して、入居の許可をもらって入居するのです。当然、防犯カメラは設置され、カメラに移った人を監視、記録しておきます。防犯カメラは、通路、エントランスだけでなく、駐輪場などにも必要です。

部屋自体のセキュリティとしては、防犯ガラスです。割れにくいガラスにしたり、特殊なフィルムを接着して脱落、衝撃物の貫通が難しいようにします。また、サービスとした時には、防犯会社と契約し何かあった時にはセキュリティ会社が対応してくれるような契約にするのです。防犯、トラブルが起きたときの対応ができていることがマンションとして必要なのです。