PAGE LIST
賃貸物件のポイントは広さにある

一人暮らしの賃貸マンション

大学生になったり、社会人になったり、転勤などで一人暮らしを始める人が求める賃貸マンション、アパートはそれぞれのおかれている環境によって異なりますが、まずは、老若男女に共通することはセキュリティのレベルです。女性の一人暮らしはトラブルとなるケースがありますので、まず、マンションとかにおいては、2階以上であることが望ましいでしょう。

男性ですと、トラブルになるケースは少ないのですが、1階でも外から部屋の中が見れるような構造であることはあまりよくありませんそのため、外壁、樹木などで隠すようにすることがいいかも知れません。一人暮らしであることはトラブルに巻き込まれるケースが多いのです。一人暮らしのマンションの構造であることは仕方の無いことですが、中が見られないことが大切です。

一人暮らしのマンションとしてのセキュリティとしては、防犯カメラの設置がいいでしょう。管理人が常駐させることはマンションの運営上、費用上難しいでしょう。そのため、防犯カメラで常に録画することがいいのです。わからないところにカメラを設置することも必要ですが、わかるところに防犯カメラを設置することも大切なのです。この賃貸マンションに防犯カメラがセットされていることを犯人にわからせるメッセージとして設置するのです。