PAGE LIST
賃貸物件のポイントは広さにある

保証人が不要な賃貸物件を探したい

新しい生活を始める際に、今住んでいる部屋を出て新しい場所に代る人が多くいますが、多くの賃貸物件では賃貸契約をするにあたり保証人を求められる傾向があります。以前は主に親などの親族が契約の保証人になるケースが大方のですが、最近では親がすでに退職をして保証人になれなかったり、親族間のコミュニケーションが以前のように無くなった事もあり、保証人を探すのに困ってしまう人も少なくありません。

保証人を探すことが出来ない人の増加に伴い、多くの物件では保証人を必要とすることなく賃貸契約を結べるようになってきました。保証人を用意することが出来ない場合には、不動産会社または部屋のオーナーが指定をした信用保証会社と保険契約を結び、その信用保険会社が保証をしてくれるというシステムです。この場合部屋を借りる際に既定の保険料を支払う必要があるために、多少の費用負担は避けることが出来ませんが、保証人というあまり頼みたくないものを避け、賃貸物件を新たに借りることが出来るため多くの人が利用するようになりました。賃貸物件を貸す側も、万一の際には信用保証会社とのやり取りで保証を受けることが出来るために、最近では保証人を不要とし積極的に利用するようになったシステムでもあります。