PAGE LIST
賃貸物件のポイントは広さにある

賃貸住宅にはシェアハウスもある。

賃貸住宅で暮らす場合、最近はシェアハウスを選択する人が増えています。シェアハウスは、一つ屋根の下で複数の人が一緒に暮らします。個室がありますが、リビングやキッチン、お風呂やトイレなどは共同で使います。一般的に、兄弟や親戚、恋人と暮らすのではなく、他人と暮らす住宅をシェアハウスと呼びます。

シェアハウスで暮らすメリットとして、初期費用の安さがあります。賃貸契約をする時に必要な敷金や礼金は必要なく、デポジットと呼ばれる預かり金が必要になります。デポジットは賃料の1ヶ月分必要なことが多く、退去時のクリーニング代や鍵の交換料、事務手数料として使われて、残金があれば退去後に返金されます。その他のメリットには、1人暮らしに比べて水道光熱費が安いこと、女性の場合は防犯面で安心なことがあります。家に帰れば誰かと話せるので、さみしくないです。

また、シェアハウスは日本人だけでなく外国人と暮らすこともあります。もともとシェアハウスは日本よりも外国の方が盛んなので、外国人は他人と暮らすことに日本人ほど抵抗がないのです。外国人と一緒に暮らすことで異文化交流できるし、語学を上達させたい人には役立ちます。それから、日本人同士でもさまざまな職業や経歴の人と一緒に暮らすと、刺激を受けたり人脈を広げることができます。