PAGE LIST
賃貸物件のポイントは広さにある

賃貸物件は立地条件や公共施設の有無に拘る

賃貸物件に住むときの物件選びの材料としては、立地条件や築年数等が挙げられます。その時の自分の状況に応じて最適な物件を探す事が大切です。一人暮らしであれば、通勤場所や自分の趣味等に応じて立地条件を決める事になります。

しかし、これが家族で住む事になれば、様々な条件が追加される事になります。子供がいるのであれば、近隣に保育園や幼稚園があることが大切です。子供の頃から通学に時間をかけさすのは、親としても心配であるので、近くにそういった公共施設がある場所を選ぶ事が大切です。出来れば保育園と小学校は最低限ある方が無難です。出来れば中学校まであれば完璧と言えます。中学校までは義務教育であるので、受験をしなくても近隣の中学校に通う事になります。そしてそこには小学校からの友達も多く通う事になるので、引っ越してしまうことでそういった友達と離れてしまう事にもなります。子供の希望を尊重して選ぶ事が大切です。また、近くに駅があるかどうかも重要です。どのような駅でも良いのではなく、出来れば特急や急行が止まる駅が最適です。出来るだけどこにでも行く事が出来る路線の駅周辺に住む事が大切です。自分の通勤に関しても考えて決めましょう。